ウィキペディア、フリー百科事典から

その日の絵

トカゲの種 ウィリアムズによって提案された6つのエコモルフの例 左の列、上から下: –A. luteogularis (クラウンジャイアント) –A.ホモレチス (幹地) –A.ヘテロダーマス (小枝) 右の列、上から下: –A.ポルカトゥス (トランククラウン) –A. distichus (トランク) –A. pulchellus (草の茂み) エコモルフの概念は、1972年にアーネストエドワードウィリアムズによって最初に造られた用語であり、彼は「形態と行動が似ているが、必ずしも系統的に近いとは限らない、同じ構造的生息地/ニッチを持つ種」と定義しました。ウィリアムズは、進化論的放射を観察したときに、最初にこの定義を大アンティル諸島のアノールトカゲ(特にプエルト (記事全文...)

アノリスエコモルフ